比較的気楽な立場でいられる薬剤師のアルバイトやパート

薬剤師がアルバイトやパートで仕事をすることは決してレアケースではないです。正社員として働くばかりがメジャーな選択ではなく、アルバイトやパートという雇用形態の薬剤師もいます。薬剤師がアルバイトやパートの場合、正社員ほどの責務を負わされないという良さがあります。そうはいってもれっきとした薬剤師なのですから、仕事は最低限の責任をもってしなければならないです。ただ、正社員に比べたら仕事の上で大事なところは任せられる気楽さがあるため、すべてを背負いこんで考える必要はありません。

 

また、アルバイトやパートならばそれなりに休暇申請もしやすいですし、勤務ローテーションについてもある程度自由になれます。だからといってわがまま勝手を言っても問題がないというわけではありませんが、正社員に比べればいろいろな面で気楽な立場であることに変わりはないです。

 

これから先薬剤師としてまい進していきたいという強い気持ちがあるなら正社員を目指して頑張らないといけないのかもしれませんが、そうではなくて家庭や子育てと両立してやっていきたいというのなら、むしろアルバイトやパートのほうが気楽で良いのかもしれません。その点については各薬剤師ごとに考え方が違うので何とも言えないところではありますが、ワークスタイルを自由に選択しやすいのはアルバイトやパートです。ですので、薬剤師は必ずしも正社員のほうが良いとはいえず、薬剤師バイトやパートにもメリットはあります。